どっちが良い?新築とリフォーム済住宅のススメ

新築住宅のメリット・デメリットを知る

夢のマイホームと言う言葉がある様に、住宅購入と言うのは一種の憧れでありステータスです。とはいっても近年では新築だけではなくマンションや中古住宅、リフォームやリノベーション済住宅と様々な形態があります。その中から自分に合った住宅を選ぶには、まずどうするべきでしょうか?
自分が希望する条件を決める事です。全てを叶えば良いですが、場合によってはいくつかの希望を妥協しなければなりません。そうなった時にあらかじめ優先順位を決め手おけば、トラブルなく手続きを進められます。
一時は新築よりも中古物件が人気を得ていましたが、デザイン住宅や高級志向のある住宅が一般的になってからは、人気は五分五分です。ここでは新築・リフォーム済住宅の良い点とそうでない点を紹介していますので、住宅購入を検討している方はぜひ参考にして見て下さい。
ちなみにリフォームとリノベーションがごっちゃになっている方が多いのですが、リフォームは建物の劣化を補修し住みやすくする施工です。リノベーションは大規模な改築により、設備の入れ替えや増築をする施工です。これらは似ている様で全く異なるので注意が必要です。
また新築・リフォーム済住宅はどちらも一長一短ですので、現時点で購入検討をしている方にも役立つ情報を公開していきます。住宅購入の際に気を付けるべきポイントや、リスク回避の為にやっておくべき点もまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。
アナタに合った住宅が見つかれば良いですね。

TOPへ戻る