どっちが良い?新築とリフォーム済住宅のススメ

リフォーム済住宅に住みたい!

完成した住宅に住める

リフォーム済住宅は、通常の中古住宅と違って施工後ですのでかなりキレイです。物件によってはリフォームだけではなく、リノベーションも合わせているところもあるので最新の設備が利用出来るケースもあります。
既に存在している住宅なので物件の雰囲気や間取り、そして周辺環境を事前に確認出来るのはメリットです。
また新築住宅に比べると価格が安く、リフォームをしていない物件に比べると資産価値が高いです。新築は建てた当初は当然資産価値が高いのですが、すぐに落ちてしまいます。
リフォーム済住宅は、とても高い訳ではありませんが安定した価値となります。資産価値については担当者へ確認し、納得した上で取引を進める事をおすすめします。

不安が残るケースがある

新築住宅と比べてリフォーム済住宅が持っているデメリットは何でしょうか?まず挙げられるのが、耐震性や断熱性能、耐久性に不安が残る可能性がある点です。
新築住宅の場合は建てる当時の取り決めに則っていますが、リフォーム済住宅の場合は築年が経過しているケースがほとんどです。その為、建てた当時の取り決めに不備がある場合はトラブルが生じる可能性もあります。一例では壁を剥がすとシロアリ被害に合っていたというケースもあります。
またリフォーム済住宅を取引する場合は新耐震設計基準が導入された1981年以降の住宅が良いでしょう。
そしてもう一つ、間取りやデザインが出来ない点です。既に出来上がっている住宅は強み・弱みのどちらにも捉えられますので、一概にデメリットとは言えません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る