どっちが良い?新築とリフォーム済住宅のススメ

住宅を選ぶ際に気を付けるべきポイント

こんな人が向いている?

新築・リフォーム済住宅のメリット・デメリットを理解したのは良いが、結局自分にどちらが向いているのか分からない。
新築購入が向いている方は、建物の構造や基準を調べるのが面倒な方やこだわりの強い方です。この住宅に住むためにアクションを起こすという熱意が無い場合だと、度重なる打ち合わせが面倒になってしまいます。
反対にリフォーム済住宅が向いている方は、とにかく低コストで住宅が欲しい方です。また住みたいと思っているエリアに新築を建てる事が出来ないケースや、こだわりが無い方にもぴったりです。
どちらもメリット・デメリットがあります。住宅選びは一生モノですのでしっかりと吟味して選択すると後悔する事がありません。

物件購入の注意点

不動産にハウスメーカーと相談する場所は数多くありますが、物件購入の際に注意すべきポイントを紹介したいと思います。
建物を売買すると言うのは一度の打ち合わせや顔合わせではありません。購入した後にも連絡が取れる様にしておかなければなりません。その為、相談しやすく連絡が付きやすい企業から購入すると良いでしょう。レスポンスの早さや対応の親切さ、保証や過去のトラブルについてしっかりと話てくれる企業がおすすめです。
また手続きを代行してくれるところもありますが、多大な費用が動く取引ですので出来る限り目を通し、代行をせずに自分で手配する様にして下さい。水掛け論は成立しませんし、トラブルが起きてから泣き寝入りするリスクが軽減されます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る